So-net無料ブログ作成

鹿谷寺登り道(メインルート) [鹿谷寺跡ルート]

鹿谷寺登り道(メインルート)

6m89 002 鹿谷寺-46.jpg

この辺りは駅から遠く、駅からの道はご案内しません。車で来られる方が殆んどです。
大日池、前方のレストランの前と道の向かい側に駐車場があります。全部無料です。

「大日池」
003-26.jpg
左に大日池(つり池)があります。つり池の横を入ってゆくと大日池駐車場です。


「大日池 駐車場」
001-26.jpg

駐車場の奥に進みます。

003-26.jpg


「東屋 分岐」
004-26.jpg
左に登ると尾根道にでます。これをろくわたりの道といいます。
尾根道を左に行くと竹内街道の資料館にでます。尾根道を右に行くとダイトレです。


「ろくわたり 方向」
005-26.jpg

ダイトレへ行く道は下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2004-07-20


「鹿谷寺(ろくたんじ)跡 方向」
012-26.jpg
今回は、こちらに行きます。


「分岐」
011-26.jpg
三方向に分かれます。

「アスレチック」
012-26.jpg
右手前、アスレチック 入り口です。

少し進んで

「登り口」
021-26.jpg

「真っ直ぐ」
014-26.JPG
鹿谷寺跡の岩道を通らない山道があります。

この道は下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2004-07-22

「右」
015-26.jpg
右に階段を登ると鹿谷寺跡です。

今回はこちらに行きます。

017-26.jpg


「鹿谷寺跡」
021-26.jpg

「北の登り道」
019-26.jpg
雌岳方向登り口。南の道と直ぐ合流します。

023-26.jpg

026-26.jpg

028-26.jpg

030-26.jpg
万葉の森からは、左下から登ってきます。真っ直ぐは展望台です。

展望台へは下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2004-07-23


「南の登り道」
027-26.jpg
雌岳方向登り口です。北の登り道と直ぐ合流します。

今回はここから登ります。

072-26.jpg


ここからは、岩場を縫うよに登ります。ところどころ、岩場を避ける道もあります。

077-26.jpg

079-26.jpg

083-26.jpg

085-26.jpg


088-26.jpg
道が左右に分かれますが直ぐ合流します。

岩の左の直ぐ上に、鹿谷寺跡を迂回する山道が下から合流します。

047-26.jpg

ここに登ってくる道は下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2004-07-22


戻って岩の間を登ります。

091-26.jpg


「上の山道分岐」
092-26.jpg
上の山道がここから左に分岐します。

上の山道は下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2004-07-21


右の道を登ります。

095-26.jpg

097-26.jpg


「管理道路」
103-26.jpg
管理道路が見えてきました。
左がこの道のバイパスになっている山道です。

「山道」
053-26.jpg

ここに登って来る道は下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2004-07-21


「管理道路の鹿谷寺分岐」
058-26.jpg

「岩屋峠方向」
037-25.jpg

「馬の背方向」
035-25.jpg


今回は馬の背方向に行きます。

038-20.jpg


「展望台」
030-25.jpg


「ダイトレ分岐」
040-20.jpg
右に馬の背に行く遊歩道があります。左にダイトレ下り道があります。

「右 遊歩道」
041-20.jpg


今回は遊歩道を行きます。管理道路と平行して登ります。

002-26.jpg

004-26.jpg


「万葉広場」
007-26.jpg

008-26.jpg
平方している管理道路の向こうに展望広場があります。


「東屋」
009-26.jpg
遊歩道は東屋の横を通ります。


011-26.jpg


「馬の背」
014-26.jpg
馬の背は雄岳と雌岳の中間にあって、六方向に分岐します。


「雄岳方向」
017-26.jpg
右に下ると祐泉寺です。左に下ると、旧ダイトレです。

雄岳へ登る道は下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2003-12-24


「雌岳方向」
016-26.jpg

雌岳へ登る道は下記をご覧ください。
http://naranosatoyama.blog.so-net.ne.jp/2003-12-22



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0