So-net無料ブログ作成

二上山 新道探索 [さとやま日記]

2017年3月23日(木) 二上山 新道探索

この間、銀峰道に銀杏の種まきに行った。銀峰と次のこぶとの間に新しい道が出来ている。
それも、北と南に二すじもある。こりゃ、えらいこっちゃ。すくねの知らない道なんて、許せない。

今日(3月22日)は、GPSを持って、探索に行った。

新道銀峰原岳m-74b.jpg
(クリック拡大)


水道タンクに車を停めて、上ノ池から登る。

002-17.jpg


「アタラシ池」
008-17.jpg


「崖道迂回路」
011-17.jpg

真っ直ぐの道が、崖道になっている。危ないと言って、左に曲がる迂回路を作られた。
それが、一昨年の話だ。今日は、ここから、迂回路を行く。(地図の茶色い線)


014-17.jpg


「分岐」
015-17.jpg

ここから、右に折り返すのが、迂回路。
真っ直ぐが、本日のテーマ、新道だ。(地図の赤い線)


「水神谷の奥」
021-17.jpg

去年、水神谷の奥に丸太が転んでいた。ここに、道を造るとの話は聞いていた。
ここから銀峰の尾根にに登る。
以前は少し下に尾根に登る道があった。この尾根を銀峰に登っていた。
新道は尾根の手前を、じぐざぐ登る。


026-17.jpg


027-17.jpg

昨日は雨が降っていた。まだ、土が固まっていないのか、靴の裏に土が積もる。
わずかな坂でも滑る。


「銀峰道」
034-17.jpg

ここで、何時もの道に合流する。
合流点から、南の方に新しい道が出来ている。つづいて、この道の探索だ。


039-17.jpg


途中で古い道から見ていた知人とぱったり出会った。いろいろ、話を聞いた。
この道、雄岳に行くんだって。この道、造った人、福井さんて言うんだって。
殆ど、一人で造られたと言っていた。


040-17.jpg

じぐざぐ、登って行った。


「終点」
044-17.jpg

雄岳山頂と大津皇子の墓の間に出た。


翌23日は、原岳に登る新しい道を見に行った。(写真 下の方のオレンジの線)

山口神社に車を停めて、原岳道を登る。

116-17.jpg

タイサンボク元気だ。


「長い階段を登りきったところ」
123-17.jpg


「新道の起点」
124-17.jpg

以前から、裏向不動から原岳に登る道がある。この道に行く横道がある。
その道より、少し上に、新しい道が出来ていた。


125-17.jpg


126-17.jpg


127-17.jpg


「原岳」
128-17.jpg

最後の所は以前の道と同じかも知れない。
この道は原田さんが造ったとの話だった。

お二人とも、ご苦労さんでした。




二上山 銀杏の種まき 銀峰道 [さとやま日記]

2017年3月16日(木) 二上山 銀杏の種まき 銀峰道

銀杏の種まき、3月になったら、3回目を行く事に決めてあった。
寒くて、なかなか行けなかったのを、今日、行く事にした。
種50個を持って、全部、銀峰道にばら撒いてくる予定だ。

畑の水道タンクに車を停めて、上ノ池登り口から登り始めた。

003-17.jpg


「アタラシ池」
005-17.jpg


010-17.jpg
ベンチの裏にも撒いた。


013-17.jpg
今日は崖道を登った。


015-17.jpg


銀峰道に入った。

017-17.jpg


018-17.jpg


「銀峰」
020-17.jpg
夏は暗い所だが、今時はこんなに明るい。
この木の下にも撒いた。

ここに396mと書いてあるが、GPSと地理院の地図を重ねるとここではない。
次の峰になる。私は、次の峰を396峰と名づけている。


銀峰と396峰との間が少し低くなっている。
ここに、新しく、道が出来ていた。

「南に下る道」
021-17.jpg

「北に下る道」
022-17.jpg


023-17.jpg


024-17.jpg
この辺りが396だと思う。だが、まだ、三角点は見つけていない。

種がお終いになったので、帰る事にした。
先ほどの北に下る道を下った。
水神さんの奥を通り、崖道を避けて作られた道に合流した。
その内に、GPSを持って、軌跡を取りに行く事にする。

本日の歩行距離、約5kmだった。